テンシャルのスニーカー用インソールを購入!1ヶ月使用してわかったこと

tential

運動不足が続いていたのでランニングを始めようかと思ったのですが、ランナーの友人に聞いたら「最初はウォーキングがいいよ」と勧められたので、最近は平日も休日もできるだけ歩くようにしています。

最初は普段履きしているスニーカーで歩いていたのですが、長く歩けないし腰や膝も痛むのでが、「疲れにくくなる」と話題のテンシャルのスニーカー用インソールを購入してみました。

1ヶ月ほど使ってみて明らかに変化を感じたので、レビューを書くことにしました。

購入しようかどうか迷っている人は、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

健康維持のためにウォーキングを開始

ウォーキングを始めたのは、健康診断の結果が思った以上に悪かったからです。

メタボというほどではありませんが、お腹周りの脂肪が目につくようになり、血液検査の結果も良くありません。運動不足だとお医者さんに注意されたので、ランニングをしてみようかなと思って友人に相談しました。

そこで正直に今の体重を告げたら「いきなり走らないほうがいい」とアドバイスをしてくれて、まずは筋力をつけるためにウォーキングを始めたというわけです。

ところがそのウォーキングが上手くできません。歩きはじめは気持ちいいのですが、30分も歩くと疲労感が出てきて歩けなくなります。

学生時代は終電を逃して10km以上の道を歩いて帰っていたのに、ちょっと情けなくなりました。

そんなときにウォーキングを勧めてくれた友人が「インソールを履くと変わるかもしれない」と教えてくれたのがテンシャルのインソールでした。

インソールだけでそんなに変わるものなのか疑問に感じましたが、このまま歩けない自分でいるのは嫌だったので、早速注文してみました。

テンシャルのインソールとは

tential

テンシャルのインソールをすぐに注文しましたが、もちろんどのようなアイテムなのか調べてから購入しています。

特徴

  • 足の立方骨を支えることで足裏の縦アーチを形成する
  • 浮き指を改善してくれる
  • 正しい姿勢に導いてくれるので疲れにくくなる
  • 普段履いているスニーカーに入れておくだけでいい
  • 1日たった44円
  • お医者さんも勧めている

通常のインソールは足の内側にあるアーチを支える構造になっていますが、テンシャルのインソールは立方骨を支えて、足の内側と外側のアーチを作り出す仕組みになっています。これによって浮き指が改善されて、足裏全体で接地できるようになるそうです。

そういえば私も浮き指でしたが、その浮き指は日常の悪い習慣からやってくるものだと聞いたことがあります。

スマホやパソコンの画面ばかり見ていて猫背が強くなり、運動不足によって筋力が低下し、姿勢が悪くなってそれが浮き指につながっているのだとか。

だから姿勢を良くしなさいと言われていたのですが、それができないから浮き指になっているわけです。でもテンシャルのインソールを使えば、まず足を正しく使えるようになり、そこから逆算的に姿勢も良くなるとのこと。

しかも通勤やウォーキングで使っているシューズに入れておくだけ。7,980円は少し勇気のいる金額でしたが、3ヶ月使えるので1日あたりで計算すれば44円にしかなりません。毎日ちょっとした節約をするだけで買えます。

決め手になったのは、お医者さんも勧めているという点です。理論的に正しく、医学面からみても優れているというお墨付きがあります。そこまで信頼できるなら試してみようと、購入に踏み切ったわけです。

届いたインソールをセッティング

テンシャルのインソールは注文して3日後に届きました。買い物に行かずに自宅に商品が届くって便利ですね。この便利さゆえに運動不足になった気もしなくもないのですが。

購入したのはSサイズです。

tential

tential

そのまま使うとやや大きいので、自分でカットする必要があります。

とはいえそれほど難しい作業ではなく、スニーカーに入っているインソールを取り出して、

tential

tential

tential

テンシャルのインソールに重ねてはみ出した部分をカットするだけ。

tential

tential

インソールにも目安になる表示がありますが、スニーカーはそれぞれに違った木型を使っているので、同じサイズでもインソールの形はシューズごとに違います。なので、既存のインソールに合わせてカットするのがベストです。

MEMO
もしインソールの外せないスニーカーを履いているなら、最初は大きめにカットして、徐々に小さくカットしたほうが良さそうです。カットしすぎると履き心地に影響しますので、慎重に行ってください。

まずはいつもどおり歩いてみた

ジャストサイズにカットできたので、古いインソールを取り外してテンシャルのインソールに交換しました。

tential

さっそく足を入れてみましたが、いつもと違う感覚があります。これまで何回も履いてきたシューズなのに安定感があります。

tential

どこが違うのか、古いインソールとテンシャルのインソールを何度も入れ替えて気づきました。

気付いたこと

  • 5本の指がシューズについている感覚がある
  • 足の外側に突き上げがある

いつもと違う感覚はこの2点です。立方骨を支えるというのはこういうことなのでしょう。

突き上げているように感じたのが立方骨のサポートで、そのサポートがあるので、内側と外側の縦アーチが構成されて、アーチの支点となる指がきれいについているのだと思います。

人間の体って上手いことできているものです。問題がある部分に意識を持っていくのではなく、別の場所を改善することで、間接的に問題点が改善されました。

tential

歩きだしてみて1分くらいは突き上げが気になりましたが、歩くことに集中し始めたら違和感もなくなってスムーズに足が動きます。劇的に何かが変わったということもなく、感覚的にはいつもどおりに歩いているだけ。

本当に効果があるのかな?とちょっと疑ってしまいましたが、歩き続けて気づきました。

「全然疲れない!」

気がつけば30分以上歩いていましたが、いつものような疲労感がありません。むしろもっと歩きたい気分になりましたが、いきなりそんな変わった戸惑いも大きく、この日は気持ちのいいところで切り上げて家に帰りました。

テンシャル公式サイト

何が良くなったのか考えてみた

tential

それから1ヶ月が経過し、実感としてはとても自分に合っていて、購入して正解だったと思います。

ただインソールを入れただけでこんなにも変わるとなると、なんだか狐につままれたような感じがします。そこで何が変わったのかを自分なりに考えてみました。

テンシャルのインソールを入れて歩いた後は、ふくらはぎの外側が少し張るような感覚があったので、これまでとは違った筋肉を使っていることがわかります。

歩いているときに小指側から着地している感覚がありましたので、その流れでふくらはぎの外側を使っていたのでしょう。

1ヶ月使ってみてO脚も少し改善されているような気もします。さらに、歩いているときには「足が真っ直ぐに出る」という感覚もあります。膝がねじれることもなく、スムーズな足の運びができていて、この感覚が歩くのを楽しくさせてくれているのかもしれません。

疲労感がないのは足だけでなく上半身も。歩く距離が長くなったこともあって、少しだけ痩せたというのもあるかもしれませんが、気になっていた腰痛も消えています。

テンシャルのインソールを使うことで体の軸が整っている感覚があり、それに見合った筋肉もついてきています。

実はちょっとした旅行に出掛けてきたのですが、あまりにも体が軽いのでどこまで歩けるか試してみたら2万歩になっていました。

さすがにくたびれましたが、これまでに経験したことのない心地よい疲労感で、疲労困憊というよりは高揚感もあります。最初はちょっと値段が高いかなと思いましたが、この気持ちよさを知ってしまうともう手放せません。

まとめ

健康維持のために取り入れたテンシャルのインソールですが、歩けば歩くほどその素晴らしさを感じています。「そんなにも歩けるならランニングしても大丈夫」とランナーの友人から太鼓判を押してもらったので、今度ランニングシューズを買いに行く予定です。

スニーカーのインソールを取り外してランニングでも使おうかと思いましたが、取り出すのが面倒なのでランニング用にもう1つインソールを購入予定です。きっとこういうのを自分への投資っていうのでしょうね。

7,980円で健康的な体が手に入るなら安いものです。しかもそれが3ヶ月も続きます。ウォーキングを思いっきり楽しめるようになって、性格も少し開放的になってきたような気もします。ちょっと褒めすぎかもしれませんが、見える景色がこれまでとはまったく違うように感じます。

歩いてもすぐに疲れてしまうという人や、街を歩いていてガラスに映る自分の姿勢が気になるという人はぜひ試してみてください。30日間全額返金保証もあるので、合わない場合には返金してもらえますよ。でもきっと返金どころか、私と同じようにもう1つ買うことになると思いますが。

テンシャル公式サイト